SHIPS ビーチキャンペーン

SHIPSは7月から8月にかけて、下田・南伊豆で安全で美しいビーチライフの実現のため各種キャンペーンをサポートしています。
下田・南伊豆にお越しの際は是非ご参加下さい。参加費は無料です。

キャンペーン詳細

セーフティーキャンペーン ~海について考えてみよう~

海の安全のための活動として1日2回の「たすけてサイン」を実施します。

開催日 7月15日(土)~8月27日(日)
会場 下田市内ビーチ(白浜大浜・白浜中央・外浦・多々戸浜・入田浜・吉佐美大浜・舞磯浜)
南伊豆町(弓ヶ浜)
時間 毎日 午前・午後2回実施

クリーンキャンペーン ~大好きなビーチをきれいにしよう!~

美しい自然を守る為に、ビーチにいる方々に呼びかけをし、皆で一緒にゴミ拾いを行います。
参加者にはビーチで便利に使えるSHIPSオリジナルビニールバッグをプレゼントします。

開催日 7月15日(土)~8月27日(日)
会場 下田市内ビーチ(白浜大浜・白浜中央・外浦・多々戸浜・入田浜・吉佐美大浜・舞磯浜)
南伊豆町(弓ヶ浜)
時間 毎日 午後1回実施

スポーツキャンペーン ~楽しみながら海のことをもっと知ろう!~

ライフセービングの競技が体験できます。
参加者はビーチで便利に使えるSHIPSオリジナルビニールバッグがもらえるほか上位入賞者にはSHIPSからオリジナルグッズのプレゼントも。
また、ライフセーバーによるレスキューのデモンストレーションも行います。

開催日 7月30日(日)、8月6日(日)、8月13日(日)
会場 7月30日(日) 白浜大浜
8月6日(日) 多々戸浜
8月13日(日) 弓ヶ浜
時間 11:00〜

クイズキャンペーン ~楽しみながら身につけよう!~

海好き、下田好き、SHIPS好きほどトクをする。安全についての知識をクイズ形式で楽しみながら身につけていただきます。
海の知識やSHIPSに関する問題を出題。参加者はビーチで便利に使えるSHIPSオリジナルビニールバッグがもらえるほか、全問正解者には抽選でSHIPSオリジナルグッズをプレゼントします。

開催日 7月30日(日)、8月6日(日)、8月13日(日)
会場 7月30日(日)多々戸浜・入田浜・吉佐美大浜・舞磯浜・弓ヶ浜
8月6日(日)白浜大浜・白浜中央・外浦・弓ヶ浜
8月13日(日)白浜大浜・白浜中央・外浦・多々戸浜・入田浜・吉佐美大浜・舞磯浜
時間 11:00頃

海辺のルールを守って快適に!

ビーチをきれいに使いましょう

ビーチはみんなのもの。ゴミは各自で持ち帰りましょう。ゴミとして出す場合は分別しましょう。たばこのフィルターは自然には分解されませんので吸い殻は絶対に浜に捨てないでください。

海に入る時は、必ず準備運動をしてから

睡眠不足の状態やアルコールを飲んで海に入ることは絶対に避けてください。また、炎天下では水分をしっかり取り過度の日焼けには注意、脱水症状を防ぎしましょう。

たすけてサイン

海で足をつったり溺れそうな時、戻れなくなった時、また溺れている人を発見した時にはパトロールタワーに向かって片手を大きく振ってください。助けての合図になります。

遊泳エリアを守って楽しく!

ビーチではたくさんのマリンレジャーを楽しむ人達がいます。みんなが同じエリアで遊泳することは大変危険です。ビーチに立っている赤と黄色の旗がエリアを分けるサイン。赤と黄色の旗の間は一般の遊泳客の方々のエリアです。それぞれのエリアを守って海をお楽しみください。

津波の危険

地震などにより津波の危険が生じた場合はライフセーバーから放送、拡声器、赤と白の旗で「避難誘導」を行います。避難誘導を確認したら、ただちに海から上がり高いところへ避難するようお願いします。

ビーチをきれいに使いましょう

ビーチはみんなのもの。ゴミは各自で持ち帰りましょう。ゴミとして出す場合は分別しましょう。たばこのフィルターは自然には分解されませんので吸い殻は絶対に浜に捨てないでください。

海に入る時は、必ず準備運動をしてから

睡眠不足の状態やアルコールを飲んで海に入ることは絶対に避けてください。また、炎天下では水分をしっかり取り過度の日焼けには注意、脱水症状を防ぎしましょう。

たすけてサイン

海で足をつったり溺れそうな時、戻れなくなった時、また溺れている人を発見した時にはパトロールタワーに向かって片手を大きく振ってください。助けての合図になります。

遊泳エリアを守って楽しく!

ビーチではたくさんのマリンレジャーを楽しむ人達がいます。みんなが同じエリアで遊泳することは大変危険です。ビーチに立っている赤と黄色の旗がエリアを分けるサイン。赤と黄色の旗の間は一般の遊泳客の方々のエリアです。それぞれのエリアを守って海をお楽しみください。

津波の危険

地震などにより津波の危険が生じた場合はライフセーバーから放送、拡声器、赤と白の旗で「避難誘導」を行います。避難誘導を確認したら、ただちに海から上がり高いところへ避難するようお願いします。